サムソナイトのソフトキャリーケース キャスター修理なら

サムソナイトのソフトキャリーケース キャスター修理なら

ナイロン製のサムソナイト小型の修理です。キャスターが劣化して壊れています。ハンドル、ファスナー等は問題ないので、キャスターのみの交換となります。こちらのタイプですとキャスター(車輪)のみの交換で修理ができます。大きさによってキャスター交換は料金が異なります。

キャスター交換 サムソナイト

エース製サムソナイトの修理でお困りなら!

エース製サムソナイトの修理でお困りなら!

旧式のサムソナイトの修理もお任せください。エース製のサムソナイトの修理実績多数ありますので、安心してご依頼ください。こちらのサムソナイトはキャスターが劣化、摩耗しています。このまま転がすとキャスターが回転しづらく、大きな音が出ます。使い慣れたスーツケースを捨ててしまうのは、もったいないですので修理をお勧めします。キャスターは汎用品での修理となります。

エース製サムソナイトのキャスター交換

サムソナイト イノヴァ キャスター交換

サムソナイト イノヴァ キャスター交換

サムソナイト イノヴァ(INOVA)のキャスター修理です。写真で分かる通りキャスターが根元から外れてしまっています。こうなると車輪のみの交換では修理できません。キャスターの足に当たる部分全体の取り換えとなります。イノヴァはサムソナイトの他のラインに比べて売れていないためか、あまり修理の依頼がありません。弊社ではサムソナイト イノヴァのキャスター交換からPUハンドル交換まで修理が可能です。

キャスターが根こそぎ取れています。

サムソナイト ファイヤーライトのPUハンドル交換なら!

サムソナイト ファイヤーライトのPUハンドル交換なら!

小型のサムソナイト ファイヤーライトの修理です。機内持ち込みサイズのファイヤーライトです。写真で分かる通り引っ張りだすPUハンドル部分の持ち手に亀裂が入っています。PUハンドルに不調がある場合は通常総取り替えでの修理となります。PUハンドルは負荷がかかりやすく壊れやすいパーツの一つです。壊れても修理ができますので、買い替えを考える前に無料お見積もりをお試しください。

PUハンドルの亀裂

ファイヤーライトの背中部分

アメリカンツーリスター キャスター足交換修理なら!

アメリカンツーリスター キャスター足交換修理なら!

小型のアメリカンツーリスターのキャスター足の交換です。向かって右側のキャスター足に変形が見られます。転がしてもうまく回らない状態となっています。ベースとなる土台を残して、スーツケースの足に当たる部分を交換します。スーツケースの修理の6~7割がキャスターの不調によるものです。旅行の前と後には必ずキャスター部分の状態を確認してください。

 

american tourister キャスター不調キャスター足の交換

キャスターを修理する際には、同時に4か所修理をお勧めしています。キャスターは1か所劣化していると、その他の箇所も同等に劣化が進んでいる可能性が高いです。