TUMIスーツケース フレーム矯正事例

TUMI フレーム矯正事例

修理前

スーツケースには、ファスナータイプとフレームタイプの2種類があります。

途中での細かい出し入れに便利なファスナータイプと、大きく開かないと出し入れができないフレームタイプですが、ファスナータイプはファスナーの破損が生じてしまうと、旅の途中で苦労することがある心配があります。

その点でフレームタイプを選ばれる方がいるようです。

今回の修理依頼は、フレーム式のスーツケースでフレームに負荷がかかり歪んでしまった事例です。

修理後

 

 

 

TUMIフレーム修正 26,000円(税別)

 

Tumi PUハンドルの交換はお任せを!

Tumi PUハンドルの交換はお任せを!

Tumiのスーツケースについて

TUMIのスーツケースは二輪タイプが
多く、小回りが利く仕様が人気です。

1~3泊用のスーツケースでも定価だ
と10万円前後するので、スーツケース
ブランドの中でも比較的高額なブランド
となっています。

ビジネスユースで使用されることが
多く、ビジネスの出張等で使いやすい
ようにデザインされています。

TUMIのスーツケースはバリスティック
ナイロンが多く、とても強い仕様になっ
ています。

バリスティックナイロン部分はめったな
ことがない限り、破れることはありません。

また小型や中型のスーツケースに関し
てはフロントポケットがあるものが多く
ノートパソコンや書類等を収納しやすく
なっています。

TUMI PUハンドル交換修理に関して

Tumi トゥミmのPUハンドルの交換です。

Tumiの場合PUハンドルは通常総取り
替えでの修理となるので、料金が15000円
~25000円程かかります。(一部特殊なも
のを除く)

PUハンドルは大きな力がかかりやすく
壊れやすいパーツの一つです。

他のパーツに不具合がなければ、買い替え
るよりも修理したほうが、かなり安価に済むの
で修理がお勧めです。

やはり長く使っていると愛着もわいてきます。
修理にてPUハンドル交換を行えばまだまだ
長く使うことができます。

Tumi スーツケースはほとんどのパーツが
修理可能です。

一部古いシリーズのスーツケースのみパーツが
手に入らないことがあります。トゥミ修理のお
見積もりはお電話もしくはメールにてご依頼ください。

Tumi PUハンドル部に亀裂