ファスナー修理について

スーツケースもファスナーやスライダーの交換ができます。ファスナーがしまらなくなってしまうトラブルやファスナーの破れなど、ご相談ください。メーカー修理だと高額になるファスナー交換も、スーツケースフィクサーなら比較的安価に修理ができるかもしれません。

スライダーとファスナーの状態チェック方法

スライダーをすばやく閉めてみてください。スライダーが弱っていると、きちんと閉まらなかったり、ファスナーが勝手に開いてしまったりします。またファスナー部分に損傷がある場合はファスナー自体の交換が必要です。こちらは専門のスタッフでないと判断が難しいので、写真をお問い合わせフォームよりお送りください。修理が可能かメールにてお答えします。

ファスナーの種類

国産のYKKファスナー&スライダーを使用しています。YKKファスナーは高品質、高耐久、安心のクオリティです。

メーカー別ファスナー修理について

ファスナー修理はメーカーによって納期、修理方法、料金が異なります。メーカー別のファスナー修理詳細については下記を参照ください。

サムソナイト

サムソナイトのファスナー交換で多いのがコスモライト、ファイヤーライトシリーズです。最新型のコスモライト、ファイヤーライトは主にヨーロッパ製となっています。ファスナーもYKKヨーロッパのファスナー、スライダーを使用しています。特殊な規格を使用しており、耐久度、品質はやはり日本製のYKKファスナーに劣るのが現実です。コスモライトシリーズで多いファスナーのトラブルは閉めても閉まらなくなるトラブルです。こういった場合は通常スライダー交換にて修理が可能ですが、コスモライトシリーズはファスナー交換となってしまいます。

リモワ

リモワのサルサやサルサエアーのファスナー修理可能です。サルサで多いのがファスナーの部分的なほつれです。リモワのファスナー縫い付けはチェーンステッチになっています。またリモワのスライダーが故障してしまった場合はスライダーのみの交換ができますので安価に修理が可能です。リモワのスライダーは純正タイプと汎用タイプが選べます。

トゥミ

トゥミ(TUMI)はファスナー交換、スライダー交換が可能です。トゥミのファスナーはほとんどのタイプがYKKの8番ファスナーを使用しています。大きいファスナーですので、あまり故障することはありませんが、長く使用しているとファスナーのコイル部分がほつれたり、スライダーが故障することがあります。