タイタン スーツケースの修理はお任せください!

タイタン スーツケースの修理はお任せください!

タイタン ゼノンのスーツケースについて

Taitan Zenon はドイツのトーマス・ワグナー社が
プロデュースするスーツケースブランドです。

ドイツで多くの人に支持されているスーツ
ケースの一つです。

基本的にハードシェルのスーツケースが
ほとんどです。ポリカーボネイトを使用し
ているため丈夫かつ軽量なスーツケース
になっています。

また価格も1万円台後半から3万円台まで
あり比較的手に取りやすい価格になっています。

そのほかのスーツケースメーカーと
同様生産国は中国になっています。

タイタン スーツケースの修理に関して

修理に関しては購入店に依頼するか
もしくは一般のスーツケース修理専門店
に頼むのが一般的です。

保証期間内であれば購入店での修理
をまず検討するのが無難かもしれません。

保証期間外の修理の場合は注意が
必要です。メーカーや購入店での
修理は一般のスーツケース修理店
よりも高額になるケースが多々あります。

タイタンのスーツケース修理に関しては
一般のスーツケース修理専門店でも
見積もりを取るのがおすすめです。

キャスター劣化
キャスターが劣化しています。
キャスター修理後
キャスターを交換することで
転がした時の音も静かになります。

 

タイタンの修理については簡易お見
積もりからお問い合わせください。

 

エミネント スーツケースの修理は専門店へお任せ!

エミネント スーツケースの修理は専門店へお任せ!

エミネント スーツケースの特徴

エミネントは台湾生まれのスーツケース
ブランドです。1979年に創業し30年以上
アメリカ、ドイツを含む各国で愛用されています。

日本でのランセンスは(株)協和が持っています。
協和はランドセルやスーツケースの製造販売
で半世紀以上の歴史がある日本メーカーです。

オンラインのメーカー直販サイトでも購入
可能なエミネント。直接販売での購入
になるので比較的高品質のスーツケースが
なんと1万円以下で販売されています。

よくわからないメーカーのスーツケースを
買うよりも鞄メーカーとして老舗の協和の
スーツケースのほうがコスパがよく安心です。

エミネントのスーツケースは安価なシリーズも
TSAロック付きで1年保証がついています。
こういったサポート面でも手厚いのがエミネント
の良いところです。

エミネントの修理に関して

購入後1年未満のスーツケースに関しては
初期不良であれば無料にてメーカー修理
できる可能性があります。

保証書をなくしてしまった場合や購入後
1年以上たっている商品に関してはスーツ
ケース修理の専門店へ修理を依頼しましょう。

エミネント スーツケース修理
エミネントのキャスター(車輪)交換。オリジナルは半透明なキャスター。変更後はブラックになります。

 

エミネントの修理で比較的多いのがキャスター
(車輪)の交換です。キャスターの大きさによって
料金が変動します。

  • キャスター交換参考価格 1か所 2000~4000円

またPUハンドルも壊れやすいパーツの一つ
になります。こちらはシリーズによって料金が
大幅に変動します。

  • PUハンドル交換参考価格 一式 1万~

そのほかの修理も随時お問い合わせください。
いつでも無料にてお見積もり可能です。

 

 

 

デルセー スーツケースの修理は専門店へ

デルセー スーツケースの修理は専門店へ

デルセー Delseyを知っていますか?

デルセーはフランスの大手ラゲージメーカー
です。実に100ヶ国以上に供給する世界第2位
のスーツケースメーカーです。

リモワ、サムソナイトがドイツ、アメリカにある
ようにフランスのラゲージメーカーといえば
デルセーと言えます。

デルセー
デルセーのロゴマーク

日本ではサンコー鞄(株)がランセンス販売
しています。

最近ではアマゾンやサンコー鞄の直営オンライン
ショップでも購入可能です。

デルセー スーツケースの特徴はフランスの
洗練されたデザインと日本の堅実なもの作りが
融合したものということができます。

またポリカーボネイト性ハードシェル、ナイロン製
ソフトシェルなどいろいろなシリーズを販売しています。
価格は1万円台から3万円台までバリエーションがある
ので用途に合わせて購入が可能と思います。

デルセーの修理について

基本的には購入元やサンコー鞄にて修理
問い合わせが可能です。

購入の証明書等がないと修理を受け付けて
くれないこともありますので気を付けましょう。

メーカー修理が高額だった場合や保証書を
なくしてしまった場合も修理をあきらめないで
ください。

スーツケースフィクサーではデルセーの修理
のプロが無料にてお見積もりいたします。

 

お勧めのグローブトロッター修理依頼方法

お勧めのグローブトロッター修理依頼方法

グローブトロッター ブラックのキャス
ター交換です。根強い人気があるグ
ローブトロッターですが、写真のサイ
ズが一番人気があると思います。

長く使用されている方も多いのでは
ないのでしょうか?5年以上使用され
ている方も多く、部分的にメインテナ
ンスが必要な場合も多々あると思います。

グローブトロッターを修理に出す際
には何通りか方法があります。

  1. 購入店舗に修理を依頼する
  2. スーツケース修理専門店に修理を依頼する
  3. 一般の修理業者に修理を依頼する

まず1のメーカー修理の場合です。

お金と時間に余裕がある場合には、メー
カー修理をお勧めします。

一番壊れやすいキャスターの修理ですと
1か所2万5千円前後で修理できます。

通常キャスターの片方が劣化していると
もう一方も9割方劣化していますので
両方交換をお勧めしています。

次に2のスーツケース修理専門店に依頼
する場合です。

こちらはインターネットで検索するのが良い
と思います。

またお店によりますが、グローブトロッターの
修理実績がより沢山あるところに依頼するの
がベストです。料金もメーカ修理の半分以下
でできる場合が多いので、特におすすめです。

最後に一般の修理店に依頼する場合です。

グローブトロっターの仕様は通常のスーツケ
ースとはかなり違うので、断られるケースが多い
と思います。

また修理を受け付けてくれても、経験がない
ので修理のクオリティーが低い可能性が考え
られます。そのリスクを承知の上、依頼する必
要があります。

 

サムソナイトのソフトキャリーケース キャスター修理なら

サムソナイトのソフトキャリーケース キャスター修理なら

ナイロン製のサムソナイト小型の修理です。キャスターが劣化して壊れています。ハンドル、ファスナー等は問題ないので、キャスターのみの交換となります。こちらのタイプですとキャスター(車輪)のみの交換で修理ができます。大きさによってキャスター交換は料金が異なります。

キャスター交換 サムソナイト