アメリカンツーリスター キャスター足交換修理なら!

アメリカンツーリスター キャスター足交換修理なら!

アメリカンツーリスター キャスター交換事例

スーツケースの足となるキャスターは、靴に例えるとカカトのゴム部に当たります。キャスターのタイヤは使うほど摩耗するものです。摩耗が酷くなるとキャスター本体の故障となり動きが悪くなったり、更に進むとキャスターが外れてしまったりボディの破損にもつながります。タイヤ部分の摩耗対応は故障修理ではなくメンテナンスと考えるべきでしょう。

今回の事例は、小型のアメリカンツーリスターのキャスター足の交換です。向かって右側のキャスター足に変形が見られます。転がしてもうまく回らない状態となっています。ベースとなる土台を残して、スーツケースの足に当たる部分を交換します。スーツケースの修理の6~7割がキャスターの不調によるものです。旅行の前と後には必ずキャスター部分の状態を確認してください。

 

american tourister キャスター不調キャスター足の交換

キャスターを修理する際には、同時に4か所修理をお勧めしています。キャスターは1か所劣化していると、その他の箇所も同等に劣化が進んでいる可能性が高いです。

修理依頼は簡易見積もり欄から写真添付の上お問い合わせください。写真の状態を見させていただき、簡易見積もりをお出しいたします。その後品物を送付していただき、現物を確認の上本見積をご連絡いたします。

店舗へ持ち込み依頼の場合は、店舗での見積もりが本見積となります。

 

 

アメリカンツーリスター キャスター交換の専門ショップ!

アメリカンツーリスター キャスター交換の専門ショップ!

アメリカンツーリスターとは?

サムソナイトグループのスーツケース商品ライン
の一つです。

サムソナイトグループが所有する商品ラインには
そのほかにTUMI等があります。

アメリカンツーリスターのスーツケースはポリカー
ボネイト製がメインです。ボディーは軽く、かつ
耐久性に優れています。

サムソナイトのオリジナルラインのコスモライト
ファイヤーライトよりも安価に購入できるのが
魅力といえるでしょう。

アメリカンツーリスターを修理するには

まずはメーカー修理の見積もりを取るのが
一般的ですが、ほとんどのケースが自費での
修理になります。

並行輸入品やメーカー保証が適応されない
場合はサムソナイトに関してはメーカー修理
よりもスーツケース修理の専門店に依頼した方が
安価な場合が多いです。

スーツケースフィクサーのアメリカンツーリスター
修理参考価格は下記を参照してください。

  • キャスター交換(車輪のみ) 1か所 2000円~
  • キャスターケース交換 1か所 6000円~
  • スライダー交換 1か所 4000円~
  • ファスナー交換 一式 15000円~
  • PUハンドル交換 一式 10000円~
  • ハンドル交換 1か所 5000円~
  • TSAロック交換 一式 7000円~

    修理は、それぞれの品物の状態により異なります。

    郵送での修理依頼は簡易見積もり欄から写真添付の上お問い合わせください。写真の状態を見させていただき、簡易見積もりをお出しいたします。その後品物を送付していただき、現物を確認の上本見積をご連絡いたします。

    店舗へ持ち込み依頼の場合は、お近くの店舗へお持ちください。

アメリカンツーリスター キャスター部
アメリカンツーリスターのキャスター部分。キャスターの足に当たる部分にも損傷がみられます。

アメリカンツーリスターのキャスター交換について

スーツケースのキャスターは消耗品です。

旅行の後、旅行の前には必ず不具合が
ないか確認してください。

アメリカンツーリスターのキャスターは幅
が狭く、比較的大きめのものが多いです。

摩耗、劣化以外で壊れるケースはあまり
ないので、足回りはバランスが取れている
といえます。

アメリカンツーリスターのキャスター交換の
際には必ず4か所全部に不具合がないか
確認を怠らないようにしましょう。

特に車輪が劣化している場合は9割がた
ほかの3か所も劣化しています。