TUMIスーツケース フレーム修正事例

TUMI フレーム修正事例

TUMIフレーム修正後
修理前

スーツケースには、ファスナータイプとフレームタイプの2種類があります。

途中での細かい出し入れに便利なファスナータイプと、大きく開かないと出し入れができないフレームタイプですが、ファスナータイプはファスナーの破損が生じてしまうと、旅の途中で苦労することがある心配があります。

その点でフレームタイプを選ばれる方がいるようです。

今回の修理依頼は、フレーム式のスーツケースでフレームに負荷がかかり歪んでしまった事例です。

TUMIフレーム修正後
修理後

 

 

 

TUMIフレーム修正 26,000円(税別)

修理価格は、それぞれの品物の状態により異なります。

修理依頼は簡易見積もり欄から写真添付の上お問い合わせください。写真の状態を見させていただき、簡易見積もりをお出しいたします。その後品物を送付していただき、現物を確認の上本見積をご連絡いたします。

店舗へ持ち込み依頼の場合は、店舗での見積もりが本見積となります。