リモワ ファスナー修理には自信があります!

リモワのファスナー修理方法について

リモワのファスナーが壊れてしまっても安心
ください。スーツケースフィクサーで修理が
可能です。

リモワ ファスナーで壊れやすいのはサルサ等の
メインファスナーです。スーツケースを大きく
開くときに使用する部分となります。

サルサ、リンボ、トパーズ等の内装についている
インナーファスナーは使用頻度が低いのもあり
あまり壊れません。

ファスナーの修理方法には何種類か方法があります。

  1. ファスナーの総取り替え
  2. スライダーのみの交換
  3. ファスナーエレメントの縫いのみ

1、ファスナー総取り替え

ファスナー一式を取り外し、新しいもので交換します。
ファスナーが破れてしまったり、全体的に傷んでいる
場合にはこちらの修理になります。

2、スライダーのみの交換

ファスナー自体には損傷がないけれども、ファスナー
が閉まらなくなったりした場合はスライダー交換で
治る場合があります。

リモワ純正のスライダーで交換ができます。

3、ファスナーエレメントの縫い

コイルファスナーのエレメント(閉まる部分)の
縫い付けでの修理が可能なケースもあります。

こちらの修理は総取り替えだと高すぎると感じる
方にお勧めです。

リモワのファスナー修理サンプル

リモワ 2輪タイプサルサのファスナー修理です。

ファスナーの一部にほつれが見られます。
ファスナー全体の交換もしくはファスナー部縫い
どちらかで修理ができます。

スライダー自体も外れているので、こちらも元に戻します。

リモワ ファスナー不調